xxxxx

HOME > 新着情報 > シザーの正しい消毒・間違った消毒について
2020-06-12
シザーの正しい消毒・間違った消毒について

GOOD<正しい消毒方法>

 

*エタノール消毒液

エタノールは金属を痛めにくいので消毒に向いています。

しかしエタノール消毒液でも濃度が低かったり保湿成分が入っていたりする物を使うと蒸発せずに錆びる可能性があるので、しっかり拭いて下さい。

布またはコットンにエタノールを染み込ませ、シザー全体を入念に拭いて下さい。

 

*紫外線殺菌

コロナウィルスに対しての効果は不明ですが、コロナに類似するロタや、インフルエンザなどに対しては効果があると言われています。理美容鋏は紫外線で耐食性が向上する場合もあるので向いています。

 
 

BAD<間違った消毒方法>

 

*次亜塩素酸ナトリウム

塩素で錆びるので、絶対に使用しないで下さい。

 

*煮沸や蒸し器の蒸気

煮沸や蒸し器は、ハサミを分解してからしっかりと水分を拭き取らないと、ネジ部等に残った水分が錆を発生させる可能性があるので、オススメできません。

 

*また、消毒後は必ず専用のシザーオイルを刃に付けて保管してください。
更に詳しい消毒効果については、続きを読むよりご覧頂けます。

PAGE TOP